仁愛歯科クリニックの公式Blogです!これからはスタッフを交えて時々更新していきます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祈りが通じる時
2006年07月15日 (土) | 編集 |

5年来の患者様がいます。


他の先生が作った入れ歯が合わず、困っていました。


でもこの患者さん、


ここを小さくしてくれとか、ここを削ってくれとか、
理論無視で勝手なことを言うし、自分で勝手に入れ歯を削ってしまうし、


ここが痛い、あそこが変だとか、唇の位置が変だとか、
歯の形が変だとか、歯の位置を直せとか


ドクターサイドから見ると、困った患者さんなんです(苦笑)


院長先生と相性の悪いトラブル患者様を担当する役目の
フリーランス歯科医の私としては、当然私の担当となりました。


でもね、イライラしていた患者さんも話を聞くと最もな部分も有るんです。


アゴの位置がずれてしまっていた為に、
そのまま作った入れ歯が合うはずも無く、


痛い場所を言ってるのに聞いてくれないし、
分かってくれないから自分で削っていまう。


歯の破片が入れ歯で押されて痛いのに、見てもらえないとか
・・・レントゲンにも写らなかったからかな?


でも患者さんの言い分を聞きながら、
ちょっとずつ入れ歯を直したり、
作り直したりしているうちに、分かってきました!


この患者さんは、一見神経質なことを言っているように聞こえるけれど、
実は、全て真剣に本当のことを言っている!


解決できないのは、自分の実力不足だ!って(苦笑)


それから、満足な入れ歯が出来るまで随分と掛かりましたが、


もう殆ど満足!って所まで来て・・・去年の11月の終わり


「心筋梗塞が再発して、これから緊急オペだから、今日はキャンセルします」


との連絡が入ったまま、音信不通になってしまいました。


 


ところが先週、


「無事で元気なら良いんだけど」と、
古株の受付の方とこの患者さんの話をしていたところ


電話連絡が入り、今週になって、いらして下さいました!!!


嬉しいなぁ、お元気な姿が本当に嬉しかったです。


なんでも、12月に二度目の心筋梗塞で入院した後、
3月にも検査入院して、なかなか来れなかったのだそうです。


「先生、今度10月ごろにな、もう田舎に帰ろうと思ってさ」


「え!?」


「それでさ、最後に先生に入れ歯を作って欲しくってさ」


・・・もうね、てつ兄ぃ(すぐ泣く友人)じゃないけど、泣けてきました。


本当にありがとうございます。
精魂こめて、絶対満足いく入れ歯を作って見せます!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。